毎日ボリューム感がほしい。後ろからの視線が辛い…そんな悩みに!

ずっと悩んできた私だから開発できました!

天然モズク由来
保湿成分フコイダン&キャピキシル配合
頭皮ケア・養毛システム
ご購入はコチラ

毎日ボリューム感がほしい。後ろからの視線が辛い…そんな悩みに!

ずっと悩んできた私だから開発できました!

天然モズク由来
保湿成分フコイダン&キャピキシル配合
頭皮ケア・養毛システム
ご購入はコチラ

毎日ボリューム感がほしい。後ろからの視線が辛い…そんな悩みに!

ずっと悩んできた私だから開発できました!

天然モズク由来
保湿成分フコイダン&キャピキシル配合
頭皮ケア・養毛システム
ご購入はコチラ

薄毛をあきらめていませんか?

視線が怖い

 

鏡に映る自分の薄さに不安

 

同じ悩みを持つ方の助けになれるはず。

 

ずっと悩んできた人間が作った商品です。

コラム -Column-

ミルキシジルとキャピキシルの違い(副作用など)

 

壮年性脱毛症に対する育毛剤の世界は進化が早く、効果の期待できる製品が日々登場しております。
その中で、昨今注目される育毛成分としては、ミノキシジルとキャピキシルが挙げられると思います。
ミノキシジルは日本皮膚科学会において推奨されており、キャピキシルを含む製品は日本肌再生医学会で認定が得られています。
そもそも育毛剤には大きく2つの作用が挙げられます。

 

一つ目は、5aリダクターゼの働きを抑制する作用です。
この作用を介して脱毛症の原因である男性ホルモン由来物質・DHT(ジヒドロテストステロン)の生成を抑えることができます。
DHTは脱毛を促すため、DHTの生成を抑えることで抜け毛の量を減らすことが期待できます。

 

二つ目は、脱毛症により衰えた毛乳頭細胞を刺激して毛包の定着と成長を促進させる作用です。
この作用を介して毛包を大きく成長させ、髪の毛の定着力を高めることが期待できます。

 

ミノキシジルは、元来降圧薬として研究されましたが、薬効に血管拡張作用があり、この作用を介して成長因子を増加させ毛母細胞の増殖成長を促します。
キャピキシルは、レッドクローバーというハーブの一種から抽出したビオカニンAという成分と自然界のアミノサン分子を人工合成したアセチルテトラペプチド-3という成分の合剤です。
ビオカニンAは5aリダクターゼの抑制を介して脱毛を抑制し、アセチルテトラペプチド-3は毛包の成長定着を促します。

 

育毛剤の便用は長期に渡るため、育毛剤の臨床効果と副作用を確認する必要があります。
有効性はミノキシジルとキャピキシルの各々に報告があります。
2剤の臨床効果比較についてはLUCAS MEYER社の研究より報告があり、キャピキシルはミノキシジルを上回る臨床効果があるとされています。

 

副作用は、ミノキシジルからは頭皮のかゆみや発疹などの皮膚トラブルの報告が見られますが、キャピキシルからの報告はほとんど見られないようです。
その理由は、キャピキシルはミノキシジルとは異なり植物由来の自然成分が原料であり、さらにこの自然成分はアメリカ食品医薬品認可局(FDA)でも安全性が保障されている成分であるからとされています。
ミノキシジルとキャピキシルの効果と安全性は現在までのところ上記の通りですが、いずれにおいても育毛は長期観察で育毛剤の効果を期待するものになると思います。
日々進歩する薬剤の中で効果と安全性において、より良い選択をしたいものです。

 

医学博士 大石 哲也

 

 

注目の4大成分がバランスよく配合

  • ガゴメエキス

    ガゴメ昆布と呼ばれる渇藻類トロロコンブ属の食用海藻からとれるエキスです。
    ガゴメ昆布は主に函館東海岸に生息している珍しい昆布の一種で、表面にある独特の凸凹模様が籠目模様に似ていることから、その名称がつけられたと言われています。
    生息地域が限定されており、北海道産昆布の中でも数パーセント程度の割合しか生産されないため、大変貴重な昆布成分として取り扱われています。
    当然ながら一般的な昆布同様食品としても取り扱われる素材ですが、ガゴメ昆布の洗浄や加工に携わる人たちの手肌の荒れが治ったことをキッカケに、保湿力が高い成分として食品以外の製品にも用いられるようになりました。
    ガゴメ昆布に豊富に含まれている酸性多糖F-フコイダンには、ガン細胞やウイルス感染細胞などを殺すNK細胞を活性化させる作用を始め、血圧を下げる効果、ダイエット、生活習慣病に効果があることが最近の研究で明らかになってきましたが、F-フコイダンはお肌にとっても有用な成分であり、肌表面を天然の潤い膜で保護するとともに高い保湿力で長時間肌の潤いをキープしてくれます。
    また、油脂成分を分散する効果もあり、しっとり感をより高めてくれます。
    また、それだけではありません。
    スキンケアの最大の目的といえる皮膚老化防止にも有効なのです。
    F-フコイダンには高い保湿性のみならず、細胞修復機能、シミ・シワ形成抑制、皮膚コラーゲン量低下抑制作用もあることからエイジングケア対策にもできますし、生態修復機能にも優れていて肌荒れやニキビ痕まで改善してくれます。
    さらに、毛穴、ニキビ、テカリなどにも効果があることから、肌トラブルの救世主、万能コスメとして大変人気があります。
    今抱えている肌トラブルを改善し、健やかな肌に導き、その上皮膚老化防止効果までる魔法のような北海道ガゴメ昆布の【ガゴメエキス原液】
    次はあなたの肌で試してみませんか?

  • キャピシル

    キャピキシルは「アカツメクサ花エキス」と「アセチルテトラペプチド3」という成分が主になり、このふたつの成分が組み合わさったものが「キャピキシル」と定義されます。
    キャピキシルは脱毛ホルモンによる毛根衰退とヘアサイクルの狂いを止めて萎縮した毛母細胞を復元させる作用による発毛効果があります。
    キャピキシルに含まれているアカツメクサの「ビオカニンA」が抜け毛の原因となるDHTの生成を抑える効果があります。
    この「ビオカニンA」はプロペシアにも含まれている成分です。
    キャピキシルに含まれている「アセチルテトラペプチド3」はグロースファクター(成長因子)と呼ばれる成分の一種です。
    その細胞修復効果は、なんと切断された四肢を修復させたり、火傷などで傷んだ皮膚を修復させるほど。
    その「アセチルテトラペプチド3」の働きにより傷んでしまっている頭皮を修復し健康な頭皮にすることで髪の毛が抜けにくくなるという効果があります。 細胞の修復効果のある、上述のアセチルテトラペプチド3は、弱くなってしまった毛母細胞を復元させる効果があります。
    毛母細胞が活性化されることで、髪の毛の生成を促進させることができるようになると言われています。
    キャピキシルは天然草がベースとなる発毛成分ですので、フィナステリドやミノキシジルのような発毛医薬品にみられる副作用の可能性がない点が最大のポイントと言えます。

  • クラドシホンノバエカレドニア多糖体

    ヒアルロン酸の構造に似た多糖類ですが、ただ保湿するだけではありません。
    アミノ酸を含み、更に保護・補修・結合・抗酸化・抗炎症の機能を併せ持ちます。
    トンガ王国産天然モズク由来フコイダンには、他の海藻類に比べ“硫酸基”の結合量 が多く、髪やお肌のたんぱく質等に結合し、繰り返し使用することでケア効果が高まります。
    フコイダンの効果・効能の目安です。高い保湿効果で乾燥を防ぎ、傷んでしまった髪やお肌を保護・補修、細胞賦活・ 抗酸化でお肌を蘇らせます。

  • オタネニンジン根エキス

    オタネニンジン(御種人参)は別名、チョウセンニンジン(朝鮮人参)・コウライニンジン(高麗人参)といわれ、ウコギ科の多年草です
    。朝鮮および中国の原産で各地で栽培されています。
    古くから薬用として珍重され、強壮薬・健胃薬として用いられてきました。
    特に強い有効成分はジンセノサイドとよばれるサポニン群で、オタネニンジンのイメージである滋養強壮はこの成分によります。
    ジンセサノイドは糖尿病や動脈硬化にも効果を発揮するありがたい成分です。 オタネニンジン根エキスは、オタネニンジンの根から抽出して得られるエキスです。
    ジンセノサイドが代謝と血行を促進する効果と肌の保湿性を高める効果で肌荒れやしわ、ニキビなどの肌トラブルだけでなく、脱毛予防、炎症予防、フケ予防など頭皮に関するトラブル全般に効果を発揮してくれます。
    そして高い抗酸化作用で頭皮の健康状態を良い方向に変えていきます。
    天然由来の成分なので科学や石油系成分よりも髪の毛や頭皮に負担がかかりません。

ALADDINを使った方から喜びの声が届いています!!

「試して実感!増える喜び!」

 

いくつもの育毛剤を試してきましたが、なかなか増毛に結びつきません でした。

知り合いの勧めで使い始めたアラジンですが、1日1回の塗布とマッサージとすごく簡単なケアで、こんな簡単なことで本当に増毛できるのか、半信半疑でしたが1週間使用してお風呂の後、髪を見て肌色の部分が、少なく感じました。まさかと思いつつも、使い続け2週間後には明らかに髪が増えてるのが見てとれました。

現在3週間目に突入しましたが、寝る前の簡単なケアなので億劫にもなら ず、続けています。何より数週間で増毛が実感できたのがうれしいです!

 

長年薄毛で悩んでいたHさん

 

 

使い始めからの変化

 

 

使用開始 ⇒ 1週間後 ⇒ 3週間後